MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

昭島市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報


自宅の部屋数や間取りですが、平屋で8部屋あります。 玄関にモデム、ルーターを設置しますが、 玄関が中央部になり、端の部屋まで東西に20~25Mの距離になります。 有線で配線したとしても無線が届くのか心配です。 導入するルーターは以下の機種を検討しています。 NEC AtermWR9500N http://121ware.com/product/atermstation/product/warpstar/wr9500n-hp/ こちらを、親機として1台、子機用2台、場合によっては中継機としてもう1台。 これだけ配置すれば家中使用できると思うのですが、 光の速度が、ストレス無い状態で使用できるのか不安に思います。 自宅で仕事の資料作りやリサーチなども行う為、ネットの速度は非常に気になります。 速度重視なら有線だと思うのですが、スマホの利用なども考え何とか家中ネットが届くのが理想です。 詳しい方や、新築、リフォーム経験のある方などいましたら ご意見頂けないでしょうか? オススメの機種やベストな接続法など宜しくお願い致します。
東大阪と八尾でまた不審火2件 大阪府警、連続放火で捜査 2012.10.24 22:12 大阪府八尾市と東大阪市で24日午後、空き家などを焼く不審火が2件相次いだ。けが人はなかった。両市と隣接する大阪市平野区では9月から、物置や廃材などが燃える不審火が他に14件発生。今月14日には半径約1キロの範囲内で火災が集中した。大阪府警や消防によると、いずれの現場にも火の気はなく、府警は連続放火事件とみて捜査している。 府警や八尾市消防本部によると、24日午後2時40分ごろ、大阪府八尾市幸町で「空き家が燃えています」と通行人から119番があった。木造2階建ての空き家約100平方メートルをほぼ全焼。隣接する木造2階建ての作業場にも延焼したほか、付近の倉庫や長屋の一部を焼くなど、計6棟に被害が出た。 さらに約50分後、現場から約1・7キロ離れた同府東大阪市花園本町の空き家から出火。木造平屋建て約130平方メートルを半焼、隣接する別の空き家約170平方メートルを半焼した。 2件の現場とも狭い路地が入り組む住宅密集地。1件目の八尾市幸町の現場付近で内職をしていたという女性(70)は「たき火のようなにおいがしたので外に出たら、火があっという間に燃え広がった」と震えながら話した。住人によると、出火元の空き家は10年前から廃虚のような状態だったという。 一方、東大阪市花園本町の火災現場近くに住む男性(74)は「『火事だー』という声を聞いて駆けつけた時には、炎が燃え上がっていた。最近は不審火が相次いでいたが、こんな近くで起きるとは」と絶句していた。 産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121024/crm12102422150025-n1.htm。